ラシックスの効果効能

ラシックスは利尿剤で、腎臓で作られる尿量を増やす効果があります。
尿量を多くすることで、ナトリウムや水分を体外へ排出させます。
主にむくみに効果が高く、血圧降下の効能もあります。
ただし、ナトリウムと共にカリウムまで排出させてしまうので、人によっては低カリウム血症を起こしてしまう危険性もあります。
これに対しては抗アルドステロン性の利尿剤を併せて使うことで、対処していきます。
アルドステロンは副腎皮質ホルモンの一つで、ナトリウムの貯蓄、カリウムの排出を促す効果があります。
これに対抗させるので、抗アルドステロン性と呼ばれています。
ラシックスは基本的にはむくみを取ることで血圧を下げる薬です。
浮腫や高血圧症の治療剤として用いられる以外にも、心不全(必要な血液を心臓が送り出せない症状)の治療にも使われています。
心不全に罹ると、肺に水が溜まり呼吸困難に陥ることもあります。
それを強力な利尿作用で尿として体外に排出させるのがラシックスです。
むくみが解消されて、心臓に負担がかからなくなり、体が軽くなることもあります。
薬理としては、腎臓の尿細管から再吸収される塩分と水分の量を減らし、尿量を増やします。
血液の中に含まれている余分な水分が減り、ナトリウムが減ることで高血圧症を改善していきます。
ただし、利尿作用が強力なので副作用には気をつけなければなりません。
栄養状態が悪くて体内のナトリウムやカリウムが不足している人には使えません。
また、腎臓や肝臓の機能に異常のある人は使う際には要注意です。
いきなり多量に使うと、糖尿病や通風などの症状がでてしまう危険性もあります。
飲み合わせる薬にも気をつける必要があり、特に他に降圧剤を服用している人は必ず医師に相談してからラシックスを使うことが必要です。
■高血圧にはこの医薬品
狭心症にノルバスク
■すべての薬にしっかりとした解説つき!
薬を通販で購入してみよう